就活を終えて後悔したことランキング!

就活を終えた人達があの時あんな事をしておけばよかった事のアンケート結果になります。

①インターンシップをやっておけばよかった。

  • 面接でインターンシップの事を聞かれて「やっていない」としか言えなかった。
  • エントリーシートに書くネタが無くて後悔した。
  • 集団面接で別の人が熱く語っていて引け目を感じた。
  • インターンに参加した友達が早い段階でそのままそこに採用されたのを知り後悔した。

②筆記試験(SPI,Webテスト)対策をやっておけばよかった。

  • 落とされて初めてその重要性を知った。
  • 就活が本格化された時期から始めたのは正直遅かった。
  • 面接で「テスト悪いね」と何度も言われて改めて後悔した。
  • 対策本を買うだけ買っておいて飾ってるだけになった。
  • 筆記試験後の集団面接でやたら早慶が多いのが納得できた。
  • 自分の受ける企業のテストの形式をチェックすべきだった(SPIなのか玉手箱なのかTG-WEBなのか)

(参考)SPI対策問題まとめページへ

③学生時代何か誇れる事をしておくべきだった

  • ES,面接で語れるエピソードが無さ過ぎて困った。
  • テニサー,飲食店のバイトは定番過ぎて差別化できない
  • 集団面接にて他の人の話を聞いて唖然

(参考)できる人はこんな事を書いている「学生時代頑張ったこと」

④面接対策をやっておけばよかった。

  • 面接に慣れるまで場数が足りなかった。
  • 本命の前に選考の早い企業とかで練習も兼ねて面接慣れしておくべきだった。
  • 模擬面接をしてもらって自分のどこが足りないかを知っておくべきだった。
  • せめて絶対に聞かれる質問(定番)だけは準備しておくべきだった。

⑤エントリーシート対策をやっておけばよかった。

  • 先輩や学校のキャリアセンターで添削してもらうべきであった。
  • 人事の人が見やすいようなエントリーシートを作るべきだった。
  • エントリーシートの締切がいつもギリギリ(必着,消印有効のチェック)

(参考)エントリーシート(ES)作成の最低限のポイントとは

⑥中小、ベンチャー企業をもっとたくさん見ておくべきだった。

  • 大企業ばかりにエントリーして大量に落とされて後悔した。
  • 1個でも内定とっておくと後々気持ちが楽になった。
  • 中小企業は筆記試験をそこまで重視していない会社が結構ある。

⑦いい大学に入っておくべきだった。

  • 学歴や学力が新卒ではかなり重要だと感じた。
  • 周りの人が頭がいいと自分も刺激されるものだと感じた。
  • レベルの高い大学は早い段階から就活を意識し始める人が多いと感じた。
  • 東大早慶などは大学で大手、人気企業だらけの合同説明会が開催されている。

⑧OBOG訪問

  • 社会人からの立場からの情報が足りなかった。
  • 働くイメージをつかんでおくべきだった。



サイト内でクイズ検索