グループディスカッションで困ったときの対処法

グループディスカッション(以下GD)は毎回メンバーが変わります。うまくいく時もあればいかない時もあります。主なアクシデントとその対処法をまとめました。

Q. 発言するタイミングを見失った。話すきっかけがつかめない!

A.話さなければ、どんなに素晴らしい意見を心の中に持っていても、評価されません。まずは、誰かの意見に賛成する形で「私はその意見に賛成です。なぜなら~」と発言してみましょう。思い切って「はい」と手を挙げてみるのもいいと思います。

Q.GDで人事が一人もつかない。

A.大きな選考会では、一人の人事が複数のグループをまとめて見ることがあります。その場合、ディスカッションの中身も大事ですが、「和気あいあいとしているか」「発言していない人がいないか」といった、雰囲気がより重要となります。元気な声で発言するよう、心がけましょう。

Q.言おうと思っていた意見を先に言われてしまった。

A.慌てて異なる意見を言おうとすると、失敗してしまうことも少なくありません。同じ意見でも構わないので、焦らず「私も同じような意見ですが~」と堂々と発言するようにしましょう。

Q.ディスカッションの途中で意見が変わってしまった。変えないべき?

A.メンバーの意見を聞いて意見が変わることは、恥ずかしいことではないです。むしろきちんとディスカッションに参加している証拠です。ただし、意見が変わったことやその理由も述べないままいきなり発言してしまうと、「さっきと言っていることが違う」とメンバーを混乱させかねません。変わった理由をきちんと説明すれば、むしろ清々しい印象を与えます。

Q.司会者の話があちこちに逸れて、議論が進まない。どうしよう。

A.脱線しがちな司会者が稀にいます。その場合は「影の司会者」となって、議論を軌道修正するよう心掛けましょう。ただし、司会者の恥をかかせたり面と向かって否定をしたりする行為は、グループの雰囲気を悪くしますし、評価も悪くなります。気を付けましょう。

Q.無言の人がいたらどうしよう

A.熟議していて素敵な意見を持っているもの、話し出すタイミングを失ってしまっていることもあります。気づいた時点で「私はこう思うのですが、○△さんはどう思いますか」と声をかけるようにしましょう。

Q.否定ばかりしてくる人がいて困ります

A.否定ばかりする人の意見でも、それを否定しては一緒です。まずは肯定し、代案・改善案を訊くことで、生産的な議論に持ち込めます。

Q.意見がまとまらない!

A.雑多に見える意見を、分類し整理することが結論を出す足掛かりとなります。そのために、「質問をお互いにしてみる」ことで意見の差異を明確にし、整理しやすくすることをお勧めします。




サイト内でクイズ検索