エントリーシートの提出時の注意点まとめ

現在エントリーシートの提出にあたっては、WEBを使ってのものが多くなってきています。しかし、一部の企業においては郵送での提出が必要になるケースもあります。ここでは、エントリーシートを郵送で提出する際に気を付けること、マナーに関してまとめて記していきます。

封筒

企業が使用するエントリーシート(以下ESと表記)はどこの企業もA4、またその二倍のA3紙を使用します。そのためA4サイズの封筒にESを折りたたんで郵送しても印象を悪くすることはないでしょう。

封筒の表裏に書くべきこと

表面には会社名、部署名、担当者名を書きます。それに加えて、「履歴書在中」と書いてない封筒に関しては、赤ペンなどでわかりやすく「履歴書在中」と書いておくといいでしょう。 裏面には名前、住所、郵便番号、忘れがちですが大学名、学部学科名も必ず書いておきましょう。

履歴書の文字は手書きにするべきか?

履歴書の文字を手書きにするのか、パソコンで印刷したものでもよいのかには意見が分かれる部分があります。しかしながら、やはり履歴書を送付する場合は、手書きのものを用意した方が無難といえます。手書きで書く場合はその文字が丁寧かどうかまで見られる可能性がありますので、直前に焦らずに済むように、余裕をもって準備しましょう。

履歴書の用紙の選び方

履歴書の用紙は市販のものと大学指定のものがありますが、どちらを使っても大きな差はないといえるでしょう。大学指定のものに関しては、項目が就職活動向けになっている点でアピールがしやすいといったメリットもありますので、そのような場合にはこちらを使用した方がよいといえます。

送付状

送付状がないからといって選考に落ちるわけではありませんが、書類を送る上で送付状を同封するのはマナーです。作り方に関してはインターネットなどで、テンプレートや書き方が掲載されていますので参考にしましょう。 手書きの方がポイントは高いですが、手間が大変かかる作業ですのでワープロソフトでテンプレートを作って使いまわせるようにしておきましょう。

郵送するにあたって

書類の枚数によって切手代を超えてしまい、再配達になって締め切りに間に合わなかったというケースもあります。 これを防ぐためには郵便局で重さを測ってもらい、確実に送ることが重要です。なお、郵便局の受付時間外でどうしても郵便ポストに入れたい場合は少々多めの切手を貼ると再配達は防ぐことができます。

まとめ

WEBでの提出に比べて、郵送での提出の際には多くのマナーが存在します。「こんな小さいところまで気にするのか!」と思うこともあるかもしれませんが、下手なところでマイナスをされないように、十分余裕をもって書類の作成をしましょう。




サイト内でクイズ検索