SPI,WEBテスト(玉手箱・TG-WEB)対策トレーニング(就活生向け)

新卒の採用適正検査と言えば、SPIという言葉を聞いたことがあると思います。SPIとはそもそもリクルート社の作った採用試験の事をさします。そして多くの企業が採用試験を外注しているためA社とB社ではまったく同じ形式のテストが出たという状況がよく出てきます。しかし企業の外注先はリクルートだけではありません。SPIの他、玉手箱(CAB-GAB系),TG-WEBが対策しておきたい3大テストになります。この3つは英検・TOEIC・センター試験くらい問題傾向に差異がありますので、別々の対策が必要となってきます。

●筆記試験よくあるQ&A

○SPI3

マーク型,テストセンター型,WEBテスティングサービス(WEBテスト)の3タイプがあります。高校受験のような問題のため高学歴は圧倒的有利。特に非言語は100~90点グループと10~0点グループの二極化!数学を捨てた私立文系は要注意!!SPI3(ヴァージョン3)になり対策本には記載されていない新傾向問題も出題されている。SPI3を導入している企業は約10000社超らしい。

・テストセンター型(通称:テスセン)

SPIの半分以上の割合を占めると言われるタイプのテスト。企業のメールで「テストセンターを受験してください」と言われるので対策してから臨みやすい。ほとんどの参考書にまだ反映されていない最新傾向として難問の構造的把握力検査(例題)が加わった。

SPIテストセンター詳細情報(過去出題企業,例題,参考書レビューetc)

・WEBテスティングサービス(通称:SPIのWEBテスト)

自宅のパソコンで受けるWEBテスト。能力テスト約35分と表記されていたらコレの可能性が高い。新傾向(オプションだが)として規則性(例題),フローチャート,論理が挙げられる。

WEBテスティングサービスの詳細情報(過去出題企業,例題,参考書レビューetc)

・マークシート方式

昔に比べるとシェアがどんどん狭くなっている。主にSPI3-UとSPI3-Aの2パターンが大学生向けとして扱われている。グラフの領域と物の流れ(PERT法),装置の回路(ブラックボックス)の3分野は確かにSPI3-Uのみで出題されるがこの分野を対策するくらいなら他の頻出分野を対策した方が圧倒的に効率がよい。

○玉手箱(GAB系,SHL社製テスト,C-GAB)とは

筆記試験シェア2位の日本SHL社製。WEBテストと言えば、むしろSPIよりも玉手箱‼同じ形式の問題がひたすら続く!正確さに加えスピードも要求される!!電卓も用意しましょう!満点はまず不可能レベル。なお、玉手箱のテストセンター形式のC-GABはWEBテスト版と同じ。

・四則逆算型(一次方程式)

WEB-CABの四則逆算とも。簡単な問題だがスピードがある人は90点、ない人は10点と極端に格差が出るテスト。

玉手箱・四則逆算型の詳細情報(過去出題企業,例題,参考書レビューetc)

・図表の読み取り(数学)

図表を見ると拒否反応を起こす人も多いが、基本的な計算がメイン。制限時間がシビアのため7割以上の解答はかなり優秀。

玉手箱・図表の読み取りの詳細情報(過去出題企業,例題,参考書レビューetc)

・空欄補充型(数学)

空欄を論理的思考力と一般常識を絡めて推測する玉手箱の最難関問題。

玉手箱・空欄推測型の詳細情報(過去出題企業,例題,参考書レビューetc)

○TG-WEB(ヒューマネージ社)とは

筆記試験シェア3位のヒューマネージ社が作ったWEBテスト。2015卒向けではヒューマネージ社のテストセンターというものが出ているらしい。これまた傾向が違うらしいのでわかり次第情報を載せます。

・従来型(通称:難しいの)

従来型は公務員試験のような問題でWEBテストでは最難関の1つ。非言語18分言語12分と表記されていたらコレ。暗記するのではなく解き方を理解するようにしましょう。言語も難しい文章で厄介!

TG-WEB・従来型・詳細情報(過去出題企業,例題,参考書レビューetc)

・新型(通称:簡単なの)

数学は四則逆算型と図表の読み取りの融合問題、国語は類義語,対義語,格言の問題がメイン。比較的簡単なWEBテストで高学歴の人は100点を取りやすい。

TG-WEB・新型・詳細情報(過去出題企業,例題,参考書レビューetc)

・ヒューマネージのテストセンター

ヒューマネージ社製のテストセンター方式のテスト。出題内容は四則逆算型,図表の読み取り,読解問題。

ヒューマネージ社のテストセンター・詳細情報(過去出題企業,例題,参考書レビューetc)

○WEB-CABとは

玉手箱を作っている会社(日本SHL社)が作っている。IT系の企業で出題される傾向がある。

・規則性(法則性)

IQテストにありそうな問題。

・暗号

SPIのブラックボックスの問題に近い。

・命令表

命令表の指示に従って出来上がる図形を答える

○CUBIC(キュービック),タンジェント(tanθ)

転職市場では有名なテストだが新卒のWEBテスト部門でシェアを伸ばし始めた。論理問題,図形問題を出題してくる。このCUBICを作っている会社はtanθ(タンジェント)と呼ばれる性格テストでも有名。

CUBIC(キュービック)対策はこちら

○SCOA(スコア)

NOMA総研社製の筆記試験。一般常識レベルの理科,社会も出題される。上部メニューの理科・社会の一問一答で地道に対策を!

SCOA(スコア)対策はこちら

○内田クレペリン(通称:クレペリン)

能力テストというより性格テスト。特に対策する必要はない。ひたすら足し算し一桁目の数字を書いていく。二度と受けたくないテストとよく言われる。


サイト内でクイズ検索