一次面接、二次面接、役員面接の押さえておきたい違い

就職活動を行う上で切り離すことができない面接に関してまとめていきます。企業によって行う面接の回数は違いますが、概ね3回のケースが多いといわれています。ここでは一次面接(グループ面接)⇒二次面接⇒最終面接(役員面接)のそれぞれに関して注意すべき点をまとめていきます。

一次面接

採用担当者、若い社員、課長ランクの方が担当する可能性が高くなります。 ここでは主に就活生の印象を見るために、履歴書やエントリーシートでは見られないところを雑談など交えて聞いてきます。そのため想像していた面接よりも硬くなく、話しやすいと感じる学生も多いようです。エントリーシートに書かれていることに関する質問がメインになりますが、書いてあることをそのまま読み上げるのではなく、それを深堀するように話すことが求められます。また一次面接の場合、企業によっては学生が複数になるグループ面接が課されるケースもあります。

グループ面接

グループ面接の場合、個人面接とは違い、一人が話す時間が短くなる傾向にあります。面接官も一人の話を長々と聞いている時間はないと考えているので、簡潔に話す準備をしておくとよいでしょう。結論から端的に答え、その後に理由を答えるといった話し方が効果的です。また、冒頭で「簡単に自己紹介をお願いします」といわれるケースが多いので1分弱で簡潔に自己紹介ができるように準備しておきましょう。グループ面接の場合、他の学生といいたいことが被ってしまい、別のことを言おうとしてしまうケースがありますが、一貫性や実感の伴ってない発言になる可能性がありますので、無理に変えずに答えた方がよいでしょう。
質問例:自己PRをしてください あなたの強みはなんですか?>

二次面接

人事や、採用担当はもちろんですが、現場で働く社員や現場監督の方々が担当することもあります。また数人を相手にする面接もあり、人数も多くなると同時に、質問の幅や深さも増してきます。
このような方々が重きに置かれるのは「この人と同じ事務所、現場で働きたいか」といった現実的な面のところです。あまり話を盛り過ぎたり、取り繕ったりすると、悪印象を与えてしまうこともあるので、素直に受け答えをすることをお勧めします。
質問例:将来の自分がどうなっていたいか? 入社後にやりたいこと

 

最終面接(役員面接)

役員の方が人事採用担当の方と一緒に面接します。会社によっては社長や副社長が担当します。 役員の方々は人事採用担当者よりも質問が独特の場合が多く斬新になります。そこで予想外の質問や新しい切り込みの質問をされた際に、焦ってしまう学生も少なくありません。 最終面接=内定確実と考える人も多いようですが、最後まで気を抜かずに気を付けましょう。
質問例:会社をどのようにしていきたいですか? 現在の就活状況について

〜共通して〜

どの面接にも共通して注意すべき点は、第一印象になります。主に、清潔感、言葉遣い、敬意、礼儀、見て取れる熱意などが挙げられます。やはり人と人との対面で行うものになりますので、相手または企業側は就活生の第一印象を大変重要視します。 まずはそこを重点に対策をしておきましょう。そのうえで、各段階に向けての個別のポイントを押さえた対策を行いましょう。

逆質問

面接の最後に「何か質問はありますか?」と問われるケースがあります。このような場合に備えて予め質問を準備しておく必要があります。その際、ホームページを見ればわかるような質問をするのではなく、直接聞くからこそ意味のある質問をする必要があります。1次面接の場合は会社への関心度合いを図る意味合いがありますので、それに即した内容が望ましいです。2次面接は入社後をイメージしての質問を、3次面接では実際にここで働く際に自分に合う会社かどうかを確かめる質問をするのがよいでしょう。




サイト内でクイズ検索