福利厚生のいろいろ、こんなのもある!?

福利厚生とは、企業が従業員とその家族に対して、生活を充実させるために設けた制度や施設のことです。

基本的には、保険(社会保険)・住宅(社員寮や住宅手当)・教育(セミナー)など賃金以外の諸手当が該当します。これらが充実しているほど、生活が安定し、心身ともに健康な状態を保つことができ、労働意欲の向上につながることもあります。

就活生の企業研究に置いて欠かせない点の一つです。基本的なものをご紹介します。

~社会保険~

一般的に、社会保険には2点あります。健康保険と厚生年金保険です。

① 健康保険

社員の業務外の怪我や病気などに対して、会社側が医療給付や出産・葬祭に関する給付などを行います。

また、病気や出産のために、仕事が出来ず、休んだ為に、給与がもらえなかった場合においても、こちらから所定の手当がもらえるようになっています。

② 厚生年金保険

国が保険者となって、民間企業の労働者に対して公的年金制度です。老後や障害、最悪死亡などの場合に、残った遺族の生活維持のためには欠かせない保険です。

~労働保険労働者災害補償保険と雇用保険~

・労働者災害補償保険

労働者の就業中・通勤途上に起きてしまった事故や、いわゆる業務上で起きる災害や通勤での災害に対して、それに伴う治療費、休業補償などが会社から給付されるものです。

・雇用保険

会社の倒産、転職などによって失業状態となってしまった際、失業給付を受けることができ雇用機会の増大、能力開発などにあてられるものです。

その他

このように生活必需の福利厚生もありますが、企業によってはユニークなものも多くあるようです。

例えば、
【株式会社サイバーエージェント】エンジニア・クリエイター職の男性社員を対象にしたシェアハウスを提供。
【株式会社Yahoo!JAPAN】祝日と土日が重なった場合は金曜日を原則として休日にする制度。
福利厚生は仕事と私生活を両立する上で不可欠なものです。
給与や賞与、週休などはもちろん、福利厚生をしっかりと確認すれば、失敗のない就職活動を送ることができるかもしれません。




サイト内でクイズ検索