圧迫面接の対策方法4つ~どう対応するかまとめてみた!?~

ある程度選考が進んでいくと、圧迫面接を受ける場合があります。慣れない内は、面接官のいきなりの威圧的な態度に驚いてしまうかもしれません。今回は、圧迫面接を受けた時の4つの心構えを紹介します。

①なぜ圧迫面接されているのかを思い出す

圧迫面接は、決して学生が嫌いでしているわけではありません。「ストレス耐性があるか・クレームにどう対処できるのか」を見るために行います。合わないと思う学生であれば、既に選考で落ちているはずで、期待されているからこそ圧迫面接を受けている可能性が高いのです。圧迫面接を受けた時は、むしろチャンスだと思いましょう。

②黙らない

圧迫面接で怖いのは、委縮して黙ってしまうことです。面接官は学生がどう対処するのかを見たいため、黙ってしまうと判断できず、むしろストレス耐性がないとマイナス評価されかねません。委縮してしまったとしても、とりあえず肯定するなどして対応しましょう。

③感情的にならない

威圧的な態度で圧迫されたり、ESや志望動機を否定されたりして、ついカッとなってしまう人がいます。これでは、面接官の思惑通りです。圧迫面接であることを思い出して、落ち着いて対処しましょう。

④友達や先生への対応と一緒

実生活で、友達や先生に文句を言われる場面がありますね。圧迫面接での返しは、その時と一緒です。なぜ突然威圧的になったのかが気になるのであれば丁寧に質問し、言われたことが事実と違うのであれば丁寧に否定し、自分の短所を指摘されたのであれば謙虚に認めれば問題ありません。

4つの対処法をまとめました。圧迫面接で大事なのは「冷静」さを失わないことです。むしろチャンスだと思って、切り抜けてください。




サイト内でクイズ検索