OB・OG訪問で何を聞いたらいいのか?

OBOG訪問でどのような質問をすればよいか悩む学生もいると思います。 質問の際には、その業界や企業のことなど、HPを見れば分かること、説明会で聞けることはなるべく避けましょう。
企業研究や自己分析を通して、想定している「働き方」と現実に働いている人と話す事によってギャップを無くす作業と捉えると分かりやすいかもしれません。

ここでは、訪問の際に必ず聞いた方がよい質問を5つ挙げました。

①入社時の志望動機と入社後のギャップ

自分が想定している会社のイメージと現実に働く環境などのギャップを確認することができます。

②どんな人が多いか、社風など

社風や働いている社員の性格から、自分には合うかどうか確認でき、また面接時にどのように自分をアピールすればよいか見えてきます。

③やりがいや面白さ&辛かったこと

あまりよいことばかり聞かずに、なるべく現実的な泥臭い話を聞くとよりイメージしやすくなり入社後のギャップが無くなります。

④1年間、1日のスケジュール

繁忙期や長期休暇、平均的な1日のスケジュールを聞くことによって、入社後の働くイメージができます。

⑤成長するところ、今後の展望やビジョン

その企業で自分がなりたい自分になれるのか、どのような成長が見込め、どのような可能性があるのか聞くことによって面接の時により深い志望動機 を言うことができます。

以上のように、代表的な質問項目を挙げました。あくまでも忙しい社会人の貴重な時間を取ってもらっている、という意識を忘れずにしっかり準備して臨むことが社会人の第一歩です。




サイト内でクイズ検索