落ちる志望動機のパターン

注意事項(答え閲覧方法)

ESにおいて、必ず訊かれる質問の一つ、志望動機。今回は、多くの学生がはまってしまう志望動機の落とし穴を4つ紹介します。

①具体性に欠ける、他企業にも転用できる志望動機

どんなに熱意を込めて書いても、「人の役に立つ仕事がしたい」「御社の幅広い事業に興味を持った」などの具体性に欠ける志望動機は、人事には「他社にも同じことを書いているのだろう」と思われる可能性が高いです。なぜなら、熱意があるのならば企業の具体的なサービスなどについて研究するだろうと考えるからです。実際に商品やサービスを利用したり新聞などで情報をチェックしたりし、徹底的に企業について研究しましょう。

②「経営理念に共感」の類の志望動機

企業理念はパンフレットや自社ホームページを見ればすぐにわかることです。志望動機が企業理念への共感だけでは、「あまり企業について調べていない」「イメージで応募した」と思われてしまうかもしれません。事業内容や仕事内容とも絡めた志望動機になるようにしましょう。

③自己本位な志望動機

「将来性を感じた」「自己成長できる」といった、自己本位な理由のみの志望動機は、企業にとって採用するメリットが感じられません。企業目線に立って、自分を採用するメリットを伝えましょう。

④企業を学校と勘違いしている志望動機

「たくさんのことを学べる」「研修が充実している」という志望動機は、受け身な姿勢を感じさせます。また、企業は採用した人材に働いてほしいのであり、学校のような学びを提供する場ではありません。自らどう学び、成長していくのか、具体的に述べるようにしましょう。また、実際の事業と絡めて述べると、より良いと思います。

「企業研究をしっかりする」「企業目線にたつ」。この二点を忘れなければ、上記のような落とし穴は防げるでしょう。


就活コラム一覧

〇就活あるある

〇ES作成のポイント

〇ES記入時の注意事項

〇ES提出時の注意事項

〇理想のESの構成は?

〇ESの上手い使いまわし

〇自己PRの書き方

〇志望動機の書き方

〇落ちる志望動機とは?

〇就活終わってからの後悔

〇学生時代頑張った事

〇合同説明会のマナー

〇面接の質問例

〇集団面接の注意点

〇一次面接と役員面接の違い

〇最後に何か質問は?

〇圧迫面接の対策方法

〇男が注意したい外見

〇企業が欲しがる女子力は

〇強みがない人へ

〇短所を長所に説明する

〇グルディスのテーマ

〇グルディスの種類<

〇グルディスのNG行動集

〇グルディスQ&A

〇OB訪問で何を聞いたらいい?

〇就活前にやっておきたい事

〇SPI対策だけでは駄目

〇筆記試験勉強の前に

〇筆記で落とす企業は

〇特技の欄で差を

〇筆記なしの裏事情

〇一般職か、総合職か?

〇福利厚生のいろいろ

〇理系就活Q&A

〇U,I,Jターン?

〇地方就活の長所短所

〇体育会就活メリット

〇体育会就活デメリット

外資就活対策

〇フェルミ推定とは?

【問題】アメリカへの日本人観光客数は?

【問題】JR新宿駅の一日の乗降人数は何人か?

【問題】カンボジアへの年間日本人観光客数は?

〇お問い合わせ(問題不備等)

〇運営会社

サイト内でクイズ検索