添削済みのESの上手い使いまわしの仕方

就職活動をしていく中でエントリーシートを何回も書くことは大変難なことです。 そこで、志望動機のような企業ごとに書かなくてはいけないもの以外の内容を、前もってストックしておくと使いまわすことができ、効率的です。

【どのように用意するか】

エントリーシートは、志望動機とあなたの強みに関する質問を中心に構成されています。 後者の強みに関する質問は、どの企業に対しても基本的に使い回すことが可能です。

「自己PRをしてください」

「あなたの強みは何ですか?」

「学生時代に頑張ったことは何ですか?」

特に、「学生時代に頑張ったこと」を中心に書くと具体的で伝わりやすい内容になります。自己PRは大抵の場合「私の強みは〜です。」という形で書き始め、その根拠となる事実(経験や理由)→具体的な内容(課題をこのように乗り越えた、など)→結論となります。

文章を書くポイントであるPREP(Point→Reason→Example→Point)を意識して書くと論理的で分かりやすい文になります。
また、300文字以内、500文字以内、800文字以内で書くよう指定されることが多くあるので、3つのパターンをあらかじめ作っておくことでスムーズにESを書くことができるでしょう。

最初に十分時間をかけ、筋の通っている納得のいくものにしてワードやエクセルなどにまとめて保存しておきましょう。


就活コラム一覧

〇就活あるある

〇ES作成のポイント

〇ES記入時の注意事項

〇ES提出時の注意事項

〇理想のESの構成は?

〇ESの上手い使いまわし

〇自己PRの書き方

〇志望動機の書き方

〇落ちる志望動機とは?

〇就活終わってからの後悔

〇学生時代頑張った事

〇合同説明会のマナー

〇面接の質問例

〇集団面接の注意点

〇一次面接と役員面接の違い

〇最後に何か質問は?

〇圧迫面接の対策方法

〇男が注意したい外見

〇企業が欲しがる女子力は

〇強みがない人へ

〇短所を長所に説明する

〇グルディスのテーマ

〇グルディスの種類<

〇グルディスのNG行動集

〇グルディスQ&A

〇OB訪問で何を聞いたらいい?

〇就活前にやっておきたい事

〇SPI対策だけでは駄目

〇筆記試験勉強の前に

〇筆記で落とす企業は

〇特技の欄で差を

〇筆記なしの裏事情

〇一般職か、総合職か?

〇福利厚生のいろいろ

〇理系就活Q&A

〇U,I,Jターン?

〇地方就活の長所短所

〇体育会就活メリット

〇体育会就活デメリット

外資就活対策

〇フェルミ推定とは?

【問題】アメリカへの日本人観光客数は?

【問題】JR新宿駅の一日の乗降人数は何人か?

【問題】カンボジアへの年間日本人観光客数は?

〇お問い合わせ(問題不備等)

〇運営会社

サイト内でクイズ検索