WEB適性検査『BRIDGE』(ブリッジ)対策

このページでは就職試験(適性検査)でお馴染みのWEB適性検査『BRIDGE』(ブリッジ)対策の情報になります。WEBテスト版,ペーパー版両方の例題とトレーニング問題をまとめてみました。難易度は極めて高くかつ制限時間が明らかに足りない。性格テストのWRINKLE(リンクル)と一緒に実施される場合が多いです。

判別方法

generator.cbt.jp
https://www.cbt-s.jp
URLの最初が上記の通り。

出題範囲

図表分野(15分,15問)

玉手箱の図表の読み取り,空欄推測をあわせたような問題です。想定される平均点は各30~50点。

論理・推論分野(15分,15問)

SPIの推論よりはるかに難しい。TG-WEBの推論のような問題が出題されるが、一問当たりの制限時間がTG-WEBの半分のため、はっきりいってムリゲーである。想定される平均点は各20~30点。



関連リンク

〇【特典イベントは交通費相当支給】就活イベントまとめ

〇【新卒,社会人対象】SPI個別指導のご案内~早期対策ほどお得プラン~





 

関連リンク

〇一般常識・総合サイトマップ

〇SPI,WEBテスト対策総合ページ

〇SPIテストセンター対策

〇SPIのWEBテスティングサービス対策

〇SPIの初心者向けYouTube動画解説講座

〇SPIの中級上級者向けYouTube動画講座




〇お問い合わせ(問題不備等)

〇運営会社

サイト内でクイズ検索


関連リンク