WEBテスト主要10社の見分け方

WEBテストを受験したら想定外の問題が出題されてビックリしてしまうことはよくあります。
去年はWEBテスティングだったのに今年は玉手箱だったという可能性もよくあります。

受験する前にどの系統の問題が出題されるかを予め予想できていれば効率よく対策できます。

参考書を見ると、制限時間や問題数、開始画面で判断することが可能と書いております。
それよりも簡単な見分け方はURLになります。
URLの頭を見ればわかります。少なくとも2018卒の方は以下の判断でいけます。

集計結果【2019卒版】

【2019卒版速報】あの企業はSPI?玉手箱?TG-WEB?時事問題?

〇WEBテスティングサービス

http://arorua.net/
※基礎能力検査約35分
URLの最初が上記の通りで解答時間が『約35分』と書いてあればリクルート系のSPI3のWEBテストであるWEBテスティングサービスになります。

WEBテスティングサービスの詳細情報(過去出題企業,例題,参考書レビューetc)

〇玉手箱 or WEB-CAB

https://web1.e-exams.jp/
https://web2.e-exams.jp/
https://web3.e-exams.jp/
https://tsvs1.e-exams2.jp

9分50問だったら四則逆算型
20分20問(35分35問etc)だったら空欄推測型
15分29問(25分52問,35分40問・・・etc)だったら図表の読み取り型
※空欄と図表の区別が35分の場合どちらかわからない!
国語もあるためweb1,web2,web3では断定できないか?

玉手箱・四則逆算型の詳細情報(過去出題企業,例題,参考書レビューetc)

玉手箱・図表の読み取りの詳細情報(過去出題企業,例題,参考書レビューetc)

玉手箱・空欄推測型の詳細情報(過去出題企業,例題,参考書レビューetc)

玉手箱・国語対策(例題など)

CAB-GAB対策

〇TG-WEB

http://assessment.c-personal.com/
あるいは
http://assessment.e-gitest.com/

言語が12分で非言語が18分だったら従来型(難解ver) 言語7分で非言語が8分だったら新型(簡易ver)

TG-WEB・従来型・詳細情報(過去出題企業,例題,参考書レビューetc)

TG-WEB・新型・詳細情報(過去出題企業,例題,参考書レビューetc)

〇CUBIC

https://web-cubic.jp

CUBIC対策

〇eF-1G

https://ef-1g.com

開始画面にeF-1Gと書いてます。

eF-1G対策

〇BRIDGE(ブリッチ)

generator.cbt.jp
https://www.cbt-s.jp

玉手箱の図表の読み取り、空欄推測のような問題です。
BRIDGE(ブリッチ)対策

〇TAL

tal-sa.jp

性格系のテストです。学力テストはありません。

〇Compass(コンパス)

assessment.snar.jp

CUBICのWEB版とも言われており、CUBICに似てます。
Compass(コンパス)対策

〇TAP(タップ,TAP21)

https://www.empweb21.com
TAP(タップ)TAP21対策
言語が10分(27問),数理15分(21問),論理20分(25問)と書かれていたらTAPで間違いない。

〇CAREER BASE(キャリアベース)

survey.career-base.jp

URLを見なくてもキャリアベースと書かれております。スマホでもできる適性検査だそうです。

CAREER BASE(キャリアベース)対策

〇テスト名・不明①~GATE WEB CBT~

www.gate.web-cbt.net

テスト名はわかりませんでした。タンジェントではないか?とも言われております。

GATE WEB CBT対策

〇よくある間違い

job.axol.jp/

適性検査の画面になっておりません(リクナビ,マイナビのような新卒管理画面?)。タグでshlと書いてあるURLがありますがSHL社製の玉手箱というわけではありません。その先の画面に進んでから上記のようなURLに遷移することが多いです。

参考リンク


サイト内でクイズ検索