CUBIC(キュービック)対策・タイル敷き詰めの計算トレーニング問題

注意事項(答え閲覧方法)

環境タッチ赤ボタン
PC
スマホ,電子書籍
答えを表示
   (1)縦2cm、横3cmの長方形のタイルがある。これを同じ向きにして隙間なく並べて正方形を作りたい。 最も少ない枚数で作るのに必要なタイルの枚数は何枚か?
(1)2と3の最小公倍数は6より
縦方向に6cm、横方向にも6cm分タイルを敷き詰めることになる。
よって、
縦方向に6÷2=3枚分
横方向に6÷3=2枚分
よって3×2=6枚分必要。
   (2)縦10cm、横15cmの長方形のタイルがある。これを同じ向きにして隙間なく並べて正方形を作りたい。 最も少ない枚数で作るのに必要なタイルの枚数は何枚か?
(2)10と15の最小公倍数は30より
縦方向に30cm、横方向にも30cm分タイルを敷き詰めることになる。
よって、
縦方向に30÷10=3枚分
横方向に30÷15=2枚分
よって3×2=6枚分必要
   (3)縦20cm、横25cmの長方形のタイルがある。これを同じ向きにして隙間なく並べて正方形を作りたい。 最も少ない枚数で作るのに必要なタイルの枚数は何枚か?
(3)20と25の最小公倍数は100より
縦方向に100cm、横方向にも100cm分タイルを敷き詰めることになる。
よって、
縦方向に100÷20=5枚分
横方向に100÷25=4枚分
よって5×4=20枚分必要


関連リンク

〇【特典イベントは交通費相当支給】就活イベントまとめ

〇【新卒,社会人対象】SPI個別指導のご案内~早期対策ほどお得プラン~





 

関連リンク

〇一般常識・総合サイトマップ

〇SPI,WEBテスト対策総合ページ

〇SPIテストセンター対策

〇SPIのWEBテスティングサービス対策

〇SPIの初心者向けYouTube動画解説講座

〇SPIの中級上級者向けYouTube動画講座




〇お問い合わせ(問題不備等)

〇運営会社

サイト内でクイズ検索


関連リンク