17~18世紀のヨーロッパの政治経済思想/高校世界史B・一問一答

注意事項(答え閲覧方法)

環境タッチ赤ボタン
PC
スマホ,電子書籍
答えを表示
   1.国際法の父とも言われている『戦争と平和の法』の著者といえば?
グロティウス(蘭)
   2.自然状態を「万人の番人に対する戦い」ととらえた『リヴァイアサン』の著者は?
ホッブズ(英)
   3.『統治二論(市民政府二論)』の著者は?
ロック(英)
   4.重農主義を説いた『経済表』の著者は?
ケネー(仏)
   5.経済学の父とも言われている『諸国民の富(国富論)』の著者は?
アダム=スミス
   6.重農主義による財政改革を行ったフランスの財務総監は?
テュルゴー
   7.「法の精神」で三権分立を唱えた人物は?
モンテスキュー(仏)
   8.「社会契約論」の著者は?
ルソー(仏)
   9.ディドロ,ダランベールらが編集した啓蒙思想を集大成させた辞書といえば?
百科全書
   10.啓蒙専制君主に大きな影響を与えた思想家は?
ヴォルテール

 

関連リンク

〇一般常識・総合サイトマップ

〇世界史一般常識クイズ

〇高校世界史Bクイズ

〇三国志マニアクイズ

〇お問い合わせ(問題不備等)

〇運営会社

サイト内でクイズ検索