2014年の後半から原油価格が下がっていった原因は?

解答

原油の需要が減り供給(在庫)が増えたから。以下が主な要因。

  • アメリカのシェールガス,シェールオイル生産を本格化させ供給が増えたから。
  • 原油をたくさん購入していた中国の景気後退により需要が減ったから。
  • 産油国のサウジアラビアが原油の生産を増やし供給が増えたから。
  • イランの経済制裁が解除されたから(2016年1月~)。

補足説明

  • 日本は原油輸入国であるため、ガソリン価格,電気代等の値下げの恩恵を受けている。
  • 原油生産に出資している日本の大手商社などは損害を被った。
  • 原油価格の低下によりシェールオイルの採算が取れなくなり倒産する企業が続出した。
    →これまで1バレル推定40~60ドルでとって100ドルで売れていたが、原油価格が30ドルまで下落。利益どころか産出する度に赤字状態。
  • 原油産油国の収入が減ると国民への給料の支払いや公共施設を運営できなくなる。そのため世界の株式を売りキャッシュ化させ補填しようとしている。結果として世界の株式市場が暴落することとなる。

 

関連リンク

〇一般常識・総合サイトマップ

〇時事問題・一般常識クイズ

 

関連リンク

〇一般常識・総合サイトマップ

〇時事問題・一般常識クイズ

〇お問い合わせ(問題不備等)

〇運営会社

〇弊社就活支援

〇インターンシップガイド

〇採用試験販売

サイト内でクイズ検索