ポーツマス条約の内容に国民が不満を持った理由は?

戦争に勝利したのに充分な賠償金を得ることができなかったから。
※不満が爆発し「日比谷焼打ち事件」が起こった。

ポーツマス条約の補足解説

  • 日露戦争の講和条約で1905年に結ばれた。
  • アメリカのセオドア・ルーズベルト大統領が仲介した。
  • アメリカのポーツマスで結ばれた。
  • 樺太(サハリン)の南半分が日本の領土となった。
  • 日本の朝鮮での優越権が認められた。
  • 大連,旅順が日本の租借地となった。



サイト内でクイズ検索