古墳時代・前期/高校日本史B一問一答の問題まとめ

注意事項(答え閲覧方法)

環境タッチ赤ボタン
PC
スマホ,タブレット
答えを表示
   1.古墳時代前期、主に西日本を中心に見られた大規模な古墳の形といえば?
前方後円墳
   2.古墳時代前期、主に東日本を中心に見られた大規模な古墳の形といえば?
前方後方墳
   3.古墳の中に作られた、長い木棺を入れた埋葬施設といえば?
竪穴式石室
   4.奈良県にある、古墳出現期で最大規模の古墳といえば?卑弥呼の墓なのではないか、という説もある。
箸墓古墳(はしはかこふん)
   5.現在の奈良県を中心に4世紀には東北地方中部まで支配したと言われている政権は?
ヤマト政権
   6.古墳に並べられた素焼きの焼き物といえば?
埴輪(はにわ)
   7.木棺を保護するために覆ったものは?
粘土槨(ねんどかく)
   8.魏の鏡であるという説と中国から来た人が日本で作った、という説がある銅鏡の形式といえば?
三角縁神獣鏡(さんかくえんしんじゅうきょう)

 

関連リンク

〇日本史一般常識クイズ

〇高校日本史Bクイズ

〇一般常識・総合サイトマップ

〇お問い合わせ(問題不備等)

〇運営会社

サイト内でクイズ検索