小国分立と宗教/インドの歴史/高校世界史B・一問一答

注意事項(答え閲覧方法)

環境マウスオン赤ボタン
PC
スマホ,電子書籍
答えを表示
   1.紀元前6世紀頃のインドで多くの都市国家が興ったのは何川流域か?
ガンジス川
   2.1の北側に栄えた都市国家といえば?
コーサラ国
   3.1の南側に栄えた都市国家といえば?
マガダ国
   4.バラモン教を批判し後に世界宗教となたものは?主にクシャトリアに支持された。
仏教
   5.4の創始者といえば?
ガウタマ=シッダールタ(シャカ,ブッタ)
   6.仏教において四苦から逃れるための道は?
八正道
   7.永久に生まれ変わりを繰り返すという考えは?
輪廻
   8.バラモン教を批判し、徹底した苦行、不殺生主義で知られる宗教は?主にヴァイシャに支持された。
ジャイナ教
   9.8の創始者といえば?
ヴァルダマーナ
   10.バラモン教の自己批判し内面の思索を重視した哲学は?
ウパニシャッド哲学
   11.シヴァ神,ヴィシュヌ神への信仰が生まれ民間に広まった宗教は?
ヒンドゥー教(ヒンズー教)



関連リンク

サイト内でクイズ検索