日本の大学,高校の奨学金システム,奨学金滞納問題

社会問題の背景知識

  • 現在の約半数の学生が借金をしている。
    →一流大学より偏差値が低い大学の方が割合が増えていく
    →将来稼げないような人程受給している。
  • 奨学金(貸与)という名前を変えた方がよい(=ローン,借金である)
    →借金している自覚がない人が多い。
  • 約1/3は奨学金の返済が困難に(特に1人暮らしの人)。
  • 滞納により利子が増えていき悪循環へ。
  • 借金している状態なので結婚しづらい
    →結婚できない→子供できない→少子高齢化へ(負のスパイラル)
  • 在学中,卒業後も生活が苦しいのでブラックバイト等に手を出す人が増えている。

改革として議論されている事,考えられている事

  • 大学無償化
    →OECD(北欧など)の半分は授業料がない。無償化のためには財源が課題に(増税するしかない?)
  • 給付型奨学金を増やす
    →企業からの奨学金を増やす。そのためには援助した企業にメリットがあるシステムを作る必要がある。
  • 大学への寄付金は建物より生徒の授業料の軽減を優先すべき。
    →アメリカ,オーストリアはこのスタイル。
  • 大学の数を減らす(特にFランク大学の削減)
    →正社員就職や起業できない人に返済が難しい奨学金をそもそもあげない方がよいのでは。
    →高校卒業後は安易に大学ではなく職業訓練所に行くシステムを構築した方がよいのでは。
    →トップの大学を優先的に政府が支援し起業家を増やし新しい雇用を生み出した方がよいのでは。



サイト内でクイズ検索