靖国神社に首相が参拝すべきか否か?賛成派、反対派の意見は?

反対派(左翼、リベラル派の意見)

  • 太平洋戦争に踏み切ったA級戦犯などがまつられているから。
  • 中国や韓国との関係が悪化する。
    ※世界中(アジアの国々)が反対しているというという意見は一部メディアの偏向報道。基本的に二か国が批判する。
  • アメリカなども批判するようになってしまったから。
    →中国、韓国によるアメリカなどの第三国へのロビー活動,大ネガティブキャンペーンによる。安倍首相の参拝からアメリカも批判するようになってしまった。
  • 憲法違反である。政教分離に反する(憲法20条)。
  • ※私的参拝ではなく公式参拝だと議論になる。神社は神道という宗教。

賛成派(右翼、保守派の意見)

  • 国のために戦地で命を落とした人のために首相は参拝するべきである。
    →終戦以前は「死んだら靖国で会おう」と言って戦地へ赴いた。
  • 靖国に参拝する事がどうして「戦争を肯定する」につながるのか中国,韓国は拡大解釈し過ぎ。首相は「侵略戦争をしないこと,平和維持を誓うため」に行っているのだ。
  • 1980年代の中曽根総理の参拝以前はまったく批判しなかったのにどうして今更?
  • A級戦犯がまつられた直後どうして批判しなかった?
  • 中国や韓国は外交カードで使いたいだけ。だから屈してはいけない。
  • 中国や韓国は国内問題の不満を反らすために大々的に報じているだけ。
  • 憲法には「信仰の自由」が記載されている。首相の自由。
  • 宗教(神道)の批判を国家がするのはまずい(テロがある度にイスラム教を一括りにしてはいけないように)



サイト内でクイズ検索