島津家(島津氏)/戦国武将・一問一答クイズ問題まとめ

注意事項(答え閲覧方法)

環境マウスオン赤ボタン
PC
スマホ,電子書籍×
答えを表示
   1.島津17代当主。鬼島津の異名を持つ。兄や弟達と共に九州をほぼ制圧したが、その後秀吉に屈した。関ヶ原の戦いの島津の退き口で名をとどろかした。
島津義弘(よしひろ)
   2.島津16代当主。島津4兄弟の長男。弟らとともにほぼ九州統一をさせたが秀吉に屈し家督を義弘に譲って隠居した。
島津義久(よしひさ)
   3.島津4兄弟の父親で15代当主。父とともに島津家の中興の祖と呼ばれており薩摩を統一した。鉄砲をいち早く実践で利用した。ザビエルにキリスト教の布教の許可も出した。
島津貴久(たかひさ)
   4.島津4兄弟の三男。智将であると謳われた。
島津歳久(としひさ)
   5.島津4兄弟の四男。武勇に秀でていた。
島津家久(いえひさ)
   6.息子の貴久とともに島津氏中興の祖と呼ばれている。元々島津氏の分家・伊作家の出身である。四兄弟の祖父であり、四兄弟を高く評価していた。
島津忠良(ただよし)
   7.家久の息子。関ヶ原の戦いで義弘を守り討死したとされる。漫画ドリフターズの主人公。ゲーム『戦国無双4』で島津義弘と共に登場する。
島津豊久(とよひさ)
   8.初代薩摩藩主。義弘の息子。後に偏諱を受け、家久と名乗った。
島津忠恒(ただつね)



サイト内でクイズ検索